倭文は「しとり」と読み、古来存在していたしづおりという織物のことを指します。

受付時間

9時30分から15時30分まで(お守り、朱印は16時まで)
※毎月25日は10時から受付開始


お休み

11月25日、12月5日神職不在とさせていただきます。

戌の日(いぬのひ)

  • 10月…4日(金)、16日(水)、28日(月)
  • 11月…9日(土)、21日(木)
  • 12月…3日(火)、15日(日)、27日(金)

当社は「一ノ宮さん」と呼ばれ、安産の神様として親しまれています。
一般に安産祈願は戌の日にするとよいと言われています。休日は混みあいますので時間に少し余裕をお持ちください。遠方にお住いの方、体調のすぐれない方はお札を郵送致しますので、お電話にてご相談ください。

 


倭文神社からのお知らせ

七五三

七五三の受付を開始しております。七五三とは、平安時代に行われた「髪置」「袴着」「帯解」という子供の成長に合わせた人生儀礼が由来といわれ、現在でも男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にそれぞれ神社へお参りし子供の成長をお祈りします。

二十世紀梨

image57

当社の鎮座する湯梨浜町は二十世紀梨の生産量日本一であり、「東郷」のブランド梨は高級品として知られます。最近では新甘線などの品種も人気があり、神社の周囲は梨畑に囲まれています。この時期に参拝された折にはぜひ召し上がって下さい。

銅経筒レプリカ展示

image60

国宝に指定されている銅経筒のレプリカ(湯梨浜町所蔵品)を、4月27日から5月6日まで社務所にて展示します。境内にある一ノ宮経塚と併せてご覧いただき、平安の雰囲気を感じていただければ幸いです。なお、実物は東京国立博物館にて展示されています。

» 続きを読む